介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

介護職員初任者研修【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修の分野は、介護です。

 

関連する法律は、介護保険法です。

 

問い合わせ先は、各都道府県です。

 

 

介護職員初任者研修の概要

 

介護職員初任者研修は、
介護の仕事をするために必要な最低限の知識、技術、
思考のプロセスを身につけることができ、
基本的な介護業務を行うことができるようになるための研修です。

 

介護職員初任者研修は、2013年度から新設された研修制度で、
今までの訪問介護員2級(ホームヘルパー2級)に該当します。

 

今までの訪問介護員1級・2級と、介護職員基礎研修修了者は、
介護職員初任者研修修了者とみなされます。

 

介護職員初任者研修は、研修を受けるだけなので資格ではありません。

 

ですが、この研修を受けた人は、最低限の知識と技術を身につけたとみなされます。

 

また、厚生労働大臣が定めた基準に基づいて、
都道府県が指定した事業者が実施するので、
ある程度公的に認められた資格であるともいえます。

 

資格がない人であっても、施設等の介護で仕事をすることはできます。

 

ですが、本格的に介護職として働くのであれば、
最低限受けておくべき研修です。

 

特に、一人で利用社宅を訪れる訪問介護では、
実質的に仕事をするための必須条件となります。

 

 

介護職員初任者研修を受けた人の活躍の場

 

介護職員初任者研修を受けた人は、
訪問介護事業所(ホームヘルパー)、
特別養護老人ホームなどの介護施設などです。

 

 

介護職員初任者研修修了書のもらい方

 

通学/研修: 必須(夜間・通信制が可能です)
実務経験: 不要(誰でも受講できます)
認定試験: ありません。

 

構成労働大臣が定めた基準に基づき、
都道府県が指定した事業者が実施する130時間の研修を受講し、修了します。

 

土日開講や夜間制、一部通信制の講座があるため
働きながらでも受講することができます。

 

しかし、演習など、一部の科目での通学は必要です。

 

全国で多くの事業者が随時開講しているので、
思い立ったときに比較的、すぐに受講することができます。

 

受講期間は、全日制の通学講座で、一ヶ月程度になります。

 

認定試験のようなものはありません。

 

ですが、修了時に1時間程度の筆記による評価試験を行います。

 

知識や技術の習得が十分ではない場合は、
補講などを行うようになっています。

 

きちんと出席し、勉強することで、
ほぼ誰でも修了することができるでしょう。

 

 

介護職員初任者研修科目と研修時間

 

1. 職務の理解(6時間)
2. 介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)
3. 介護の基本(6時間)
4. 介護・福祉サービスの理解と医療の連携(9時間)
5. 介護におけるコミュニケーション技術(6時間)
6. 老化の理解(6時間)
7. 認知症の理解(6時間)
8. 生涯の理解(3時間)
9. 心と体の仕組みと生活支援技術(75時間)
10. 振り返り(4時間)

 

 

介護職員初任者研修のステップアップ

 

介護職員初任者研修のステップアップとしては、
サービス提供責任者(3年以上の実務経験が必要)、
介護職員実務者研修(130時間を免除)、
介護福祉士(3年以上の実務経験+介護職員実務者研修+国家試験合格)、
介護支援専門員(ケアマネジャー・
実務経験5年以上+実務研修受講試験合格、受講)などがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ