介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

介護福祉士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

介護福祉士

介護福祉士の分野は、介護です。

 

関連する法律は、社会福祉士及び介護福祉士法です。

 

問い合わせ先は、公益財団法人社会福祉振興・試験センターです。

 

 

介護福祉士の定義

 

「介護福祉士」とは、介護福祉士の名称を用いて、
専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより
日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護
(喀痰吸引その他のその者が日常生活を営むのに必要な行為であって、
医師の指示の下に行われるものを含む)を行い、
ならびにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを
業とする者をいう。(「社会福祉士及び介護福祉士法第2条」より)

 

 

介護福祉士の概要

 

身体や精神に障害があり、日常生活を送ることに支障がある人に対し、
入浴や排泄、食事等の介護や、本人や家族に介護の指導を行う
専門能力を持つ証明とする介護系の資格が「介護福祉士」です。

 

介護福祉士は、介護を受ける人の心身の状況に合わせた
的確な介護を行うことを必要とします。

 

そのために、介護に関するさまざまな知識や技術が求められ、
さらに、臨機応援に対応する能力等が求められます。

 

介護福祉士は、取得するには専門学校や短期大学卒業程度の
知識と技術を必要とする法律で定められた国家資格で、
福祉系の資格のなかでは、やや取得に難しいといえる資格です。

 

2011年からは、喀痰吸引など、
以前は看護師のみに認められた一部の医療行為が、
研修を修了した介護職員でも実施することができるようになりました。

 

2015年以降に、介護福祉士の資格を取得する人は、
通常は国家試験受験資格のためのカリキュラムに含まれているので、
基本的介護福祉士であれば喀痰吸引は実施できることになります。

 

このように介護職の仕事の範囲が広がって、
より高い質が求められるようになっています。

 

 

介護福祉士の活躍の場

 

介護福祉士の活躍の場は、老人保健施設、病院、デイサービスセンター、
認知症高齢者グループホーム、訪問介護事業などがあります。

 

 

介護福祉士の資格の取り方

 

通学/研修: 必須(夜間・通信制可)

 

 * 2015年度第28回国家試験(2016年1月実施)より。
  第27回試験までに実務経験3年以上を満たして受験する場合には、
  通学なしで資格取得が可能。

 

実務経験: 2年以上の養成施設修了の場合は不要、6ヶ月以上の
     研修受講は3年以上、特例措置の一部福祉系高校では9ヶ月
認定試験: 必須(国家試験)

 

  * 2014年度までに介護福祉士養成施設を修了した場合は、
   国家試験の受験は不要です。

介護福祉士の資格取得のルート

・福祉大学等/社会福祉士養成施設等/保育士養成所等
 →介護福祉士養成施設等(1年以上)→介護福祉士国家試験に合格し登録。

 

・介護福祉士養成施設等(2年以上)→介護福祉士国家試験に合格し登録。

 

・福祉系高等学校等→介護福祉士国家試験に合格し登録。

 

・特例高等学校等→実務経験9ヶ月以上→介護福祉士国家試験に合格し登録。

 

・実務経験3年以上+実務者研修→介護福祉士国家試験に合格し登録。

 

今までは、2年以上の養成施設を卒業するだけ、
または実務経験3年以上を積んで国家試験に合格すれば取得できました。

 

ですが、2015年以降は制度が変更になります。

 

これからは、養成施設に入学したり、
転職して実務経験を満たそうとする場合は、
原則として新制度が適用になります。

 

・現在高校生の人

 

現在高校生であれば、2年以上の介護福祉士養成施設に進学し、
卒業後、国家試験を受験する方法が一般的です。

 

2年制から4年制の専門学校、短期大学、大学などの
養成施設が全国にあります。

 

・現在中学生の人

 

現在中学生であれば、福祉系高等学校などに進学し、
介護福祉士国家試験受験資格を得る方法もあります。

 

ですが、介護の仕事には、人生経験が重視されます。

 

ですから、4年制大学を卒業した介護福祉士が増えています。

 

将来、専門職として活躍するためには、
可能であれば一般の高校を卒業後、
養成施設に進むと良いでしょう。

 

・保育士養成所を修了した人

 

保育士養成所を修了した人は、1年制の養成施設を修了すると、
国家試験の受験資格を得ることができます。

 

ただし、養成施設は2013年度には全国で40校程度でとても少ないです。

 

制度上は、福祉系大学や社会福祉養成施設を修了後、
1年制の養成施設に進む方法がありますが、
2013年現在は、該当する施設がないという現状があります。

 

・社会経験を積んだ人

 

すでにある程度の社会経験を積んだ方が介護職を目指す場合は、
3年以上の実務経験を積み、6ヶ月(450時間以上)の
介護職員実務者研修を受講し、
国家試験受験資格を得る方法が一般的です。

 

実際に仕事に就くには、
130時間の介護職員初任者研修(旧・ホームヘルパー2級とほぼ同じ)を
修了して最低限の知識と技術を身につけてからにすると良いのではないでしょうか。

 

実務経験と研修受講の順序は指定されていないため、
就職先を見つけることができれば、
実務経験をつみながら介護職員初任者研修や
介護職員実務者研修を受けることもできます。

 

介護職員初任者研修、
旧制度での訪問介護員要請研修(ホームヘルパー1〜3級)、
介護職員基礎研修、その他の全国研修(認知症介護実践者研修、
喀痰吸引研修など)の受講者は、
受講した研修に応じて実務者研修、喀痰吸引研修など)の受講者は、
受講した研修に応じて実務者研修の一部を免除されます。

 

また、実務者研修は、通信教育などの利用ができます。

 

どのような職務が実務経験として認められるかは、
詳細が指定されていて、事業者などから証明を受けなければなりません。

 

就職する際は、介護福祉士の実務経験として
認められる仕事かどうかを確認しておくことが必要です。

 

また、今までの介護福祉士国家試験には、実技試験がありました。

 

ですが、実務者研修修了者、新カリキュラムの福祉系高等学校卒業者、
介護福祉士養成施設修了者は、実務試験は免除されます。

介護福祉士の資格取得のステップアップ

介護福祉士の資格取得のステップアップは、
認定介護福祉士(研修受講)など、
介護支援専門員(ケアマネジャー実務経験5年以上)などがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ