介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

児童福祉司任用資格【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

児童福祉司任用資格

児童福祉司任用資格の分野は、相談援助です。

 

関連する法律は、児童福祉法で、
問い合わせ先は厚生労働省です。

 

児童福祉司任用資格の概要

 

児童相談所において、児童の福祉に関する人手、
ケースワーカーとして児童についての相談援助業務に当たる人を、
児童福祉司といいます。

 

児童福祉司になるためには、一定の基準を満たした上で、
児童相談所の職員として配属されることが必要です。

 

基本的には、都道府県、政令指定都市、中核市など
児童相談所を設置する自治体の地方公務員試験に
合格することが必要です。

 

ただし、児童福祉司任用資格を満たした人を、
臨時職員として募集している場合もあります。

 

児童福祉司の活躍の場

 

児童福祉士の活躍の場は、児童相談所です。

 

児童福祉司任用資格の資格の取り方

 

通学・研修: 必要です(通信制、夜間制が可能です)
実務経験: 必要です(方法によっては不要の場合もあります)
認定試験: なし

 

 

児童福祉司法に定める児童福祉司任用資格の要件は、以下のとおりです。

 

・高齢労働大臣が指定する児童福祉司などを養成する施設を卒業する、
若しくは構成労働大臣が指定する講習会を修了した者であること。

 

・大学で、心理、教育、社会学に関する学部、学科を卒業し、
指定された施設での相談援助業務の実務経験が1年以上ある者。

 

・医師である者。

 

・社会福祉士である者。

 

・社会福祉主事として2年以上児童福祉に関する実務経験がある者。

 

・上記と同等の能力があると認められ、厚生労働省で定める者。

 

児童福祉司任用資格の資格を取るルート

 

現在、厚生労働省で指定している
児童福祉司任用資格の資格を取るルートは以下のとおりです。

 

いくつかの方法がありますが、
厚生労働大臣が指定する養成施設又は講習会は数が少なく、
しかも大学卒業者、保育しなどが対象となっているため、
誰もが受講することができるわけではありません。

 

児童福祉士を目指す場合は、
まず社会福祉士を目指す、若しくは大学で心理学、教育学、社会学
に関する学部・学科を卒業し、実務経験を満たすか、
養成施設への入学・講習会受講を目指すのが良いでしょう。

 

児童福祉司任用資格取得の主なルート

 

・養成学校など

 

 児童福祉司養成校卒業者
 講習会の受講者

 

・専門資格

 

 医師
 社会福祉士
 先進保健福祉士

 

・心理学等専攻

 

 大学卒業者
 大学院卒業者
 外国の大学卒業者

 

 *指定施設実務1年必要

 

・関連資格

 

 保健師・助産師(*実務1年)
 看護師(*実務2年)
 保育士(*実務2年)
 教員(専修・1種)(*実務1年)
 教員(2種)(*実務2年)
 児童指導員(*実務2年)

 

 *指定施設実務1〜2年の後、講習会の受講が必要

 

・その他

 

 以下の科目のうち3科目以上を履修した大学卒業者
 「社会福祉概論、社会福祉事業史、社会福祉援助技術論、
 社会福祉調査論、社会福祉施設経営論、社会福祉行政論、
 社会保障論、公的扶助論、児童福祉論、家庭福祉論、
 保育理論、身体障害者福祉論、知的障害者福祉論、
 精神障害者保健福祉論、老人福祉論、医療社会事業論、
 地域福祉論、法学、民法、行政法、経済学、社会政策、
 経済政策、心理学、社会学、教育学、倫理学、公衆衛生学、
 医学一般、リハビリテーション論、看護学、介護概論、
 栄養学及び家政学」

 

 *社会福祉主事の資格を取得の後、以下のいずれかの要件を満たすことが必要。

 

 社会福祉主事として2年以上、児童福祉事業に従事する。

 

 以下の期間が2年以上ある。
  ・社会福祉主事として児童福祉事業に従事。
  ・児童相談所の書院として勤務。

 

 3年以上、児童福祉事業に従事。


ホーム RSS購読 サイトマップ