介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

認定上級社会福祉士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

認定上級社会福祉士

認定上級社会福祉士の分野は、相談援助です。

 

問い合わせ先は、認定社会福祉士認証・認定機構です。

 

認定上級社会福祉士の概要

 

認定上級社会福祉士は、認定社会福祉士よりもキャリアを積み、
より高度な実践力を持つとして、
第三者機関の認定社会福祉士認証・認定機構が認定する
社会福祉士のことです。

 

認定上級社会福祉士は、所属組織に加えて地域でも活動し、
関係機関と協働して新たなサービスや仕組みをつくる能力や、
科学的な根拠に基づいて人材を育成・指導できる能力を求められます。

 

認定上級社会福祉士の活躍の場

 

認定上級社会福祉士の活躍の場は、相談援助機関などです。

 

認定上級社会福祉士の資格の取り方

 

通学・研修: 必須
実務経験: 必要
認定試験: あり

 

認定上級社会福祉士になるための要件は、以下のとおりです。

 

・社会福祉士であること、かつ認定社会福祉士であること。
・ソーシャルワーカーの職能団体の正会員であること。
・認定社会福祉士資格取得後の相談援助実務経験が5年以上であること。
(社会福祉士資格取得後最低10年以上)
・定められた経験項目について「個別レベル」、「地域レベル」、
「組織レベル」すべての、地域のリーダーとしての実績。
・教育、研究、社会活動の各項目から1内容以上についての実績。
・口述試験、論述試験

 

 

このような登録資格要件を満たす者が、
認定社会福祉士登録機関(日本社会福祉士会)に、
認定上級社会福祉士として登録すると、
認定上級社会福祉士になることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ