介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

認定社会福祉士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

認定社会福祉士

認定社会福祉士の分野は、相談援助です。

 

問い合わせ先は、認定社会福祉認証・認定機構です。

 

 

認定社会福祉士の概要

 

認定社会福祉士とは、社会福祉士としてのキャリアを積み、
より高度な実践力を持つとして、
第三者機関の認定社会福祉認証・認定機構が制定している
社会福祉士のことです。

 

認定社会福祉士は、所属組織の相談援助部門で、
リーダー的な役割を果たし、専門分野の知識に精通し、
多職種と連携し、難しいケースにも的確な相談援助を
実践できる能力を求められます。

 

認定社会福祉士の活躍の場

 

認定社会福祉士の活躍の場は、相談援助機関などです。

 

認定社会福祉士の資格の取り方

 

通学・研修: 必須
実務経験: 必要
認定試験: なし

 

認定社会福祉士になるための要件は、以下のとおりです。

 

・社会福祉士資格であること。
・ソーシャルワーカーの職能団体の正会員であること。
・社会福祉士取得後の相談援助実務経験5年以上あること。 
 (認定を受ける分野では2年以上)
・定められた経験項目について「個別レベル」、「地域レベル」、
「組織レベル」のうち1つ以上での実績。
・認められた機関での(スーパービジョン実績を含む)研修修了。

 

このような登録資格要件を満たす者が、
認定社会福祉士登録機関(日本社会福祉士会)に、
認定社会福祉士として登録すると、
認定社会福祉士になることができます。

 

認定社会福祉士のステップアップ

 

認定社会福祉士からのステップアップの道は、
「認定上級社会福祉士」があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ