介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

精神保健福祉士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

精神保健福祉士

精神保健福祉士の分野は、相談援助です。

 

関連する法律は、「精神保健福祉士法」です。

 

問い合わせ先は、公益財団法人社会福祉振興・試験センターです。

 

 

精神保健福祉司の概要

 

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカーとして、
精神障害者の相談に乗り、社会復帰を援助する等の仕事をします。

 

資格を持っていない人でも相談援助業務を行うことはできます。

 

ですが、精神保健福祉士を名乗る人は、
精神科の相談援助によってその仕事に就く条件として認められたり、
精神保健福祉士を職員としておくことが推奨されたりします。

 

精神保健福祉士は、精神保健と精神福祉に関する法律や制度の知識、
対人コミュニケーション能力、問題点を整理する力、
解決策を探る創造力などが求められます。

 

取得するには4年生大学卒業程度の知識と技術が求められ、
福祉の資格の中では、社会福祉士と共に
かなり取得するのに難しい資格であるといえます。

 

精神保健福祉士の資格は、国家試験に必要な取得単位や、
国家試験の科目が一部社会福祉士と共通しています。

 

ですから、国家試験では、共通の科目は社会福祉士と兼ねて
じゅけんできるので、あわせて同時に受験しやすくなっています。

 

また、社会福祉士は、共通科目の受験が免除されるので、
社会福祉士を取得後、精神保健福祉士を目指す人も多いです。

 

精神保健福祉士の定義

 

「精神保健福祉士」とは、精神保健福祉士の名称を用いて、
精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、
精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、
又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする
施設を利用している者の地域相談支援の利用に関する相談
その他の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への
適応のために必要な訓練その他の援助を行うことを業とする者をいう。
(精神保健福祉士法第2条より)

 

精神保健福祉士の活躍の場

 

精神保健福祉士の活躍の場は、「精神保健福祉センター」、
「保健所」、「精神障害者福祉ホームや精神障害者授産施設などの
精神障害者福祉施設」、「医療機関(精神科)」などです。

 

ステップアップ

 

精神保健福祉士は、社会福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)などに
ステップアップする道があります。

 

研修認定精神保健福祉士、認定精神保健福祉士とは

 

研修認定精神保健福祉士、認定精神保健福祉士とは、
公益社団法人日本精神保健福祉士協会が、
精神保健福祉士の質の向上を目指して実施している認定制度です。

 

生涯研修制度で、基礎研修を修了すると、
研修認定精神保健福祉士、
その後5年ごとの更新研修を修了すると
認定精神保健福祉士として認定されます。

精神保健福祉士の資格の取り方

進学/研修: 必須(夜間・通信制があります)

 

実務経験: 4年生大学卒業または社会福祉登録者なら不要、短大卒なら必要です。

 

認定試験: 必須(国家試験)

 

 

精神保健福祉士の資格の取り方には、さまざまなルートがあります。

 

基本的には、養成施設で指定科目を履修し、
国家試験に合格する必要があります。

 

一般的なルートは、福祉系の4年制大学などで指定科目を履修して卒業し、
国家試験を受験する方法です。

 

短期大学などで指定科目を履修した場合は、
卒業後、指定施設で2年生の短大であれば2年、
3年制の短大であれば1年の相談援助実務を経験すると、
国家試験を受験する資格を得ることができます。

 

福祉系の大学等で、基礎科目を履修した場合は、
短期養成施設など(6ヶ月以上)を修了すると、
国家試験の受験資格を得ることができます。

 

福祉系短期大学などの場合は、
通学とあわせて4年になるような相談援助実務経験が必要になります。

 

社会福祉登録者は、短期養成施設など(6ヶ月以上)を修了すると、
国家試験の受験資格を得ることができます。

 

一般の大学などを卒業した場合は、
一般養成施設など(1年以上)を修了すると
国家試験の受験資格を得ることができます。

 

一般の短期大学などを卒業、
又は短期大学などに行っていない場合に精神保健福祉士を受験するためには、
短期大学などの通学時間とあわせて4年になる相談援助実務経験を必要とします。

 

なお、大学や短期大学などには、高等学校専攻科や専修学校なども含まれます。

 

国家試験の受験資格に該当する実務経験の施設、職種は
細かく規定されています。
そして、施設などの証明書が必要になります。

 

*指定科目(20科目)

 

 1. 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、
  社会理論と社会システムのうち1科目

 

 2. 現代社会と福祉

 

 3. 地域福祉の理論と方法

 

 4. 社会保障

 

 5. 低所得者に対する支援と生活保護制度

 

 6. 福祉行財政と福祉計画

 

 7. 保健医療サービス

 

 8. 権利擁護と成年後見制度

 

 9. 障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

 10. 精神仕官とその治療

 

 11. 精神保健の課題とその支援

 

 12. 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)

 

 13. 精神保健福祉相談援助の基盤(専門)

 

 14. 精神保健福祉の理論と相談援助の展開

 

 15. 精神保健福祉に関する制度とサービス

 

 16. 精神障害者の生活支援システム

 

 17. 精神保健福祉援助演習(基礎)

 

 18. 精神保健福祉援助演習(専門)

 

 19. 精神保健福祉援助実習指導

 

 20. 精神保健福祉援助実習

 

*基礎科目(11科目)

 

1. 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、
  社会理論と社会システムのうち1科目

 

 2. 現代社会と福祉

 

 3. 地域福祉の理論と方法

 

 4. 社会保障

 

 5. 低所得者に対する支援と生活保護制度

 

 6. 福祉行財政と福祉計画

 

 7. 保健医療サービス

 

 8. 権利擁護と成年後見制度

 

 9. 障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

 10. 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)

 

 11. 精神保健福祉援助演習(基礎)


ホーム RSS購読 サイトマップ