介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

栄養士と管理栄養士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

栄養士

栄養士の分野は「栄養」で、関連する法律は「栄養士法」です。

 

問い合わせ先は、各都道府県です。

 

 

栄養士の概要

 

栄養士は、栄養指導を行う人です。

 

福祉施設や学校、病院などで、
栄養学に基づき、献立を作成したり、調理をしたり、
栄養管理などを行います。

 

栄養士になるためには、2年制の短大、又は専門学校卒業程度の知識と
技術が求められています。

 

 

栄養士の活躍の場

 

栄養士の活躍の場は、
特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、病院、
児童養護施設などです。

 

 

栄養士の資格の取り方

 

通学・研修: 必要(通信制や夜間制はありません)

 

実務経験: 不要です。

 

認定試験: ありません。

 

 

栄養士になるためには、
厚生労働省が指定した栄養士養成施設(または管理栄養士養成施設)で
2年以上学んで必要な単位を履修した後、
都道府県知事に申請して免許を受けることが必要です。

 

全国の短期大学、4年制大学、専門学校などが
栄養士養成施設として指定されています。

 

ですが、実習や演習が多いこともあり、
通信制や夜間制の学校がありません。

 

最低2年、昼間に通学することが必要です。

 

 

栄養士のステップアップ

 

栄養士は、管理栄養士、介護支援専門員(ケアマネジャー)
などへのステップアップの道があります。

管理栄養士

管理栄養士の分野は「栄養」です。

 

関連する法律は栄養士法、
問い合わせ先は、厚生労働省管理栄養士国家試験臨時事務所です。

 

 

管理栄養士の概要

 

高度な専門知識と技術に基づいて、
栄養指導を行う人が「管理栄養士」です。

 

たとえば病気療養中の人の栄養管理を行ったり、
個人の身体の状況や栄養状態に応じて食事による健康の保持・増進を図ったり、
特定多数に対して継続的に食事を供給するなどします。

 

 

管理栄養士の活躍の場

 

管理栄養士の活躍の場は、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、
病院、児童養護施設等です。

 

 

管理栄養士の資格の取り方

 

通学・研修: 必要(通信制・夜間制はありません)

 

実務経験: 取得方法によります。

 

認定試験: 国家試験が必要です。

 

 

管理栄養士になるためには、4年制大学卒業程度の知識と技術が求められます。

 

また、管理栄養士国家試験に合格し、
更生労働大臣の免許を受けることが必要です。

 

管理栄養士を目指すためには、まず栄養士になり、
実務経験を積む方法と、管理栄養士養成施設を卒業する方法があります。

 

どちらも国家試験を受験し、合格することが必要です。

 

2年制、3年制、4年制の栄養士養成施設を修了後、
それぞれ3年、2年、1年の実務経験を積むことにより
管理栄養士国家試験受験資格を得ることができます。

 

また、管理栄養士養成施設に4年以上在籍し、
必要単位を取得すると管理栄養士国家試験受験資格を得ることができます。

 

栄養士養成施設、管理栄養士養成施設共に、
実習や演習が多いことから、通信制や夜間制の学校はありません。

 

管理栄養士養成施設を経る場合は4年、
栄養士から実務経験を積む方法でも最低2年、
昼間、通学することが必要です。

 

 

管理栄養士の試験科目

 

・社会・環境と健康
・食べ物と健康
・応用栄養学
・臨床栄養学
・給食経営管理論
・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
・基礎栄養学
・栄養教育論
・公衆栄養学

 

 

管理栄養士のステップアップ

 

管理栄養士は、介護支援専門員(ケアマネージャー)へ
ステップアップする人もいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ