介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

臨床心理士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

臨床心理士

臨床心理士の分野は「心理」で、
問い合わせ先は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会です。

 

 

臨床心理士の概要

 

心理的な課題を抱える人に対し、
臨床心理学の専門知識と技術に基づいて援助するのが
「臨床心理士」です。

 

また、一般的に、心理カウンセラー、サイコセラピストなどと
呼ばれている人たちの中で、
公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から、
臨床心理の専門家として認定されているのが「臨床心理士」です。

 

臨床心理士は、医療や福祉、教育や産業、大学、司法、私設心理相談
など活動の場は幅広いです。

 

福祉の分野では、児童相談所、障害者相談機関、
女性のDV相談などで臨床心理士が活躍しています。

 

臨床心理士の資格を取得するためには、
基本的には心理学を専攻し、大学院修士課程を修了することが必要です。

 

取得は、かなり取るのが難しい資格です。

 

 

臨床心理士の活躍の場

 

臨床心理士の活躍の場は、
児童相談所、児童福祉施設、精神保健福祉センターなどです。

 

 

臨床心理士の資格の取り方

 

通学・研修: 必要(通信制、夜間制が可能です)

 

実務経験: 取得方法によります。

 

認定試験: あります。

 

 

大学を卒業後、指定された大学院修士課程を修了し、
資格審査に合格すると臨床心理士として認定されます。

 

指定された大学院とは、「第一種」、「第二種」、「専門職」の
三種類があります。

 

第二種大学院修了の場合は、一年以上の実務経験が必要です。

 

専門職大学院修了者は、資格審査のうち一次試験の一部(論文のみ)
が、免除されます。

 

資格審査は、一次の筆記試験と二次の口述面接試験があります。
そして、試験は、年1回実施されます。

 

また、資格取得後も5年ごとに更新審査が行われ、
研修や研究が義務付けられています。


ホーム RSS購読 サイトマップ