介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

児童指導員任用資格【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

児童指導員任用資格

児童指導員任用資格の分野は「保育」です。

 

児童指導員任用資格の関連する法律は、児童福祉法などで、
問い合わせ先は、各都道府県・各政令指定都市です。

 

 

児童指導員任用資格の概要

 

児童指導員は、児童福祉施設で児童の成長を援助したり、
生活や学習の指導に当たる等します。

 

児童指導員任用資格を持っていなくても補助的な仕事をすることはできますが、
児童福祉施設で児童と直接接する仕事をするためには、
児童指導員任用資格又は保育士資格が求められるのが通常です。

 

 

児童指導員任用資格取得者の活躍の場

 

児童指導員任用資格取得者の活躍の場は、
保育所、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設等の障害児関連施設、
児童自立支援施設などがあります。

 

 

児童指導員任用資格の取り方

 

通学・研修: 必要(通信制、夜間制可。取得方法によっては必要ありません。)

 

実務経験: 不要(取得方法によります。)

 

認定試験: ありません。

 

 

児童指導員任用資格を取得する方法としては、
一般的には、大学で福祉、社会、教育、心理の学部
(学科、専攻でも良い)を卒業するか、
小・中・高校のいずれかの教員免許を取得する、
もしくは、更生労働大臣指定の児童指導員養成校を卒業する方法があります。

 

通信制、夜間制の大学にも、社会学部や社会福祉学部があるので、
児童指導員任用資格は、働きながら通学し、取得することも可能です。

 

児童福祉施設での実務経験(高卒以上2年、その他3年)で得る方法もあります。

 

しかし、この方法は主に、すでに仕事をしている人が対象になります。

 

これから児童福祉施設で働こうとする場合は、
児童指導員任用資格、もしくは保育士資格のいずれかが
求められると考えたほうが良いでしょう。

 

 

児童指導員任用資格の取得方法

 

以下のうち、いずれかを満たす者が、
児童指導員任用資格の取得の対象になります。

 

・大学で福祉、社会、教育、心理学部(学科)を卒業
・小・中・高のいずれかの教員免許を取得(級・教科は問いません)
・更生労働大臣指定の児童指導員養成校を卒業
・児童福祉施設での実務経験者(高卒以上2年、その他3年)

 

 

児童指導員任用資格のステップアップ

 

児童指導員任用資格のステップアップには、保育士があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ