介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

福祉住環境コーディネーター【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターの分類は福祉用具、
問い合わせ先は、東京商工会議所検定センターです。

 

 

福祉住環境コーディネーターの概要

 

福祉住環境コーディネーターは、
高齢者や障害者のための住環境を整える
アドバイザーとしての能力を問うもので、
東京商工会議所が主催する検定試験です。

 

1級から3級がありますが、
3級、2級、1級の順に難しくなります。

 

2級と3級は誰でも受験することができますが、
1級は2級の合格者でなければ受験することができません。

 

 

福祉住環境コーディネーターの活躍の場

 

福祉住環境コーディネーターの活躍の場は、
福祉用具貸与事業所や、居宅介護支援事業所等があります。

 

 

福祉住環境コーディネーターの資格の取り方

 

通学・研修: 不要
実務経験: 不要
認定試験: あり

 

 

福祉住環境コーディネーターは、
東京商工会議所が主催する検定試験(1級から3級があります)を受け、
合格すると、その級について福祉住環境コーディネーターとして認められます。

 

2級と3級では、公式テストに該当する知識と、
それを理解した上での応用力が問われます。

 

1級では、公式テストに準拠するものの、
テキスト外からも出題されます。

 

福祉住環境コーディネーター認定試験の出題範囲と合格基準

 

<3級>

 

概要: マークシート方式(2時間)
    100点満点中70点以上で合格

 

出題範囲:

 

1. 少子高齢社会と公正社会への道
2. 福祉住環境整備の重要性・必要性
3. 在宅生活の維持とケアサービス
4. 高齢者の健康と自立
5. 障害者が生活の不自由を克服する道
6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
7. 生活を支えるさまざまな用具
8. 住まいの環境のための基本技術
9. 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい
10. ライフスタイルの多様化と住まい
11. 安心できる住生活
12. 安心して暮らせるまちづくり

 

<2級>

 

概要: マークシート方式(2時間)
    100点満点中70点以上で合格

 

出題範囲:

 

1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
3. 障害のとらえ方
4. リハビリテーションと自立支援
5. 高齢者・障害者の心身の特性
6. 在宅介護での自立支援のあり方
7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
8. 障害別にみた福祉住環境整備
9. 福祉住環境整備とケアマネジメント
10. 福祉住環境整備の進め方
11. 福祉住環境整備関連への理解と連携
12. 相談援助の実践的な進め方
13. 福祉住環境整備の共通基本技術
14. 生活行為別福祉住環境整備の手法
15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
16. 福祉用具の意味と適用

17. 生活行為別にみた福祉用具の活用

 

<1級>

 

概要: 2級合格者が対象
    マークシート方式(2時間)+記述式(2時間)
    いずれも100点満点中70点以上で合格

 

出題範囲: 

 

(マークシート方式)

 

1. これからの社会に求められる福祉住環境整備
2. 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割
3. 地域で支える高齢者ケア
4. 地域で支える障害者ケア
5. 地域福祉の推進と福祉コミュニティ
6. 福祉コミュニティづくり
7. ユニバーサルデザインの概念及び沿革
8. ユニバーサルデザイン環境の整備手法
9. 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
10. 高齢者住宅・施設の種類と機能
11. 障害者向け住宅及び施設の種類と機能
12. 福祉住環境コーディネーターの実際

 

(記述式)

 

実務能力(課題に対する提案力)などの実践力・応用力・総合判断力


ホーム RSS購読 サイトマップ