介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

社会福祉士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

社会福祉士

社会福祉士は国家資格です。

 

分野は、相談援助です。

 

社会福祉士に関連する法律は、社会福祉士及び介護福祉士法です。

 

問い合わせ先は、公益財団法人社会福祉振興・試験センターです。

 

 

社会福祉士の定義

 

「社会福祉士」とは、社会福祉士の名称を用いて、
専門的知識及び技術を持って、
身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により
日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、
助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師
その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との
連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者をいう。
(社会福祉士及び介護福祉士法第2条より)

 

 

社会福祉士の概要

 

社会福祉士は、高齢者、障害者、児童、経済的困窮者など、
さまざまな理由で日常生活を送ることに支障がある人の相談に乗ったり、
援助をしたりする仕事をします。

 

このような仕事をする人を、ソーシャルワーカーやケースワーカーと呼びます。

 

そして、資格を持っていなくても、
このような相談援助業務を行うことは可能です。

 

ただし、社会福祉士を名乗る人は、
相談援助について一定レベル以上の専門能力を持つと証明されます。

 

また、職種によっては、その仕事に就く条件として認められたり、
社会福祉士を職員としておくことが推奨されることもあります。

 

社会福祉士には、社会保障について法律や制度の詳しい知識、
対人コミュニケーション能力、問題点を整理する力、
解決策を探る想像力などが必要です。

 

社会福祉士の資格を取得するためには、4年生大学卒業程度の
専門知識と技術が必要です。
福祉の資格の中では、精神保健福祉と共に
かなり取るのが難しい資格であるといえます。

 

国家試験受験に必要な単位の国家試験の科目が、
精神保健福祉士と一部共通しています。

 

また、国家試験では共通の科目は精神保健福祉士とかねて受験できるので、
精神保健福祉士とあわせて同時に受験しやすくなっています。

 

また、精神保健福祉士を取得後に社会福祉士を目指す場合は、
共通科目の受験が免除されます。

 

 

社会福祉士の活躍の場

 

主な社会福祉士の活躍の場は、以下のとおりです。

 

・地域包括支援センターなどの相談窓口。
・特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの施設(生活相談員)。
・病院・診療所などの医療機関(医療ソーシャルワーカー)。
・地方自治体職員(社会福祉事務所、児童相談所など)など。

社会福祉士の資格の取り方

福祉の資格を取得するためには、さまざまなルートがあります。

 

基本的には養成施設で指定科目を履修し、
国家試験に合格することが必要です。

 

一般的なルートとしては、
福祉系の4年制大学等で指定科目を履修して卒業し、
国家試験を受験する方法があります。

 

短期大学などで指定科目を履修した場合は、
卒業後、指定施設で2年生の短大であれば2年、
3年生の短大なら1年の相談援助実務を経験すると、
国家試験の受験資格を得ることができます。

 

福祉系の大学などで、基礎科目を履修した場合は、
短期養成施設など(6ヶ月以上)を修了すると
国家試験受験資格を得ることができます。

 

福祉系短期大学などの場合は、通学と合わせて4年になるような
相談援助実務経験を必要とします。

 

社会福祉主事養成機関を修了した場合は、
2年以上の相談援助実務経験により、
また、児童福祉司など指定された職種の実務経験が4年以上あれば、
短期養成施設等(6ヶ月以上)を修了すると、
国家試験受験資格を得ることができます。

 

一般の大学などを卒業した場合は、
一般養成施設など(1年以上)を修了すると、
国家試験受験資格を得られます。

 

一般の短期大学などを卒業、又は大学や短期大学などに行っていない場合は、
通学期間とあわせて4年になる相談援助実務経験が必要です。

 

大学や短期大学などには、
一定の基準を満たした高等学校専攻科や専修学校なども含まれます。

 

また、国家試験受験資格に該当する実務経験の施設・詳細は
細かく規定されていて、施設などの証明も必要です。

 

*指定科目(18科目)

 

 1. 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、
  社会理論と社会システムのうち1科目

 

 2. 現代社会と福祉

 

 3. 社会調査の基礎

 

 4. 相談援助の基盤と専門職

 

 5. 相談援助の理論と方法

 

 6. 地域福祉の理論と方法

 

 7. 福祉行財政と福祉計画

 

 8. 福祉サービスの組織と経営

 

 9. 社会保障

 

 10. 高齢者に対する支援と介護保険制度

 

 11. 障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

 12. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

 

 13. 低所得者に対する支援と生活保護制度

 

 14. 保健医療サービス

 

 15. 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、
   構成保険制度のうち1科目

 

 16. 相談援助演習

 

 17. 相談援助実習指導

 

 18. 相談援助実習

 

*基礎科目(12科目)

 

1. 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、
  社会理論と社会システムのうち1科目

 

2. 社会調査の基礎

 

3. 相談援助の基盤と専門職

 

4. 福祉行財政と福祉計画

 

5. 福祉サービスの組織と経営

 

6. 社会保障

 

7. 高齢者に対する支援と介護保険制度

 

8. 障害者に対する支援と障害者自律支援制度

 

9. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

 

10. 低所得者に対する支援と生活保護制度

 

11. 保健医療サービス

 

12. 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、
  構成保険制度のうち1科目

 

*大学などで指定科目のうち、「実習科目」を履修しないで卒業
した人(改正前を含む)は、「科目等履修制度」によって、大学、
大学院、短期大学又は専修学校(修業年限2年以上の専門課程)で、
「実習科目(17相談援助実習及び18相談援助実習)を修めた場合、
「指定科目」を履修したものとして扱われ、受験資格となります。
ただし、受講生など、単位が取得できないもの、
および「実習科目」以外の科目については認められません。

 

ステップアップ

 

認定社会福祉士、精神保健福祉司、
介護支援専門員(ケアマネジャー)などに
ステップアップすることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ