介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

福祉用具選定士【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

福祉用具選定士

福祉用具選定士の分野は福祉用具で、
問い合わせ先は、一般社団法人日本福祉用具供給協会です。

 

 

福祉用具選定士の概要

 

福祉用具専門相談員の資質の向上を図るためには、
一般社団法人日本福祉用具供給協会が実施する資格です。

 

福祉用具専門相談員の資格を持ち、
福祉用具専門相談員として2年以上の実務経験がある人が対象となっています。

 

 

福祉用具選定士の活躍の場

 

福祉用具選定士の活躍の場は、
福祉用具貸与事業所などがあります。

 

 

福祉用具選定士の資格の取り方

 

通学・研修: 必要(合計5日間)

 

実務経験: 2年以上必要

 

認定試験: あり(研修修了後に筆記試験に合格することが必要です)

 

 

福祉用具選定士の資格は、一般社団法人日本福祉用具供給協会が実施する
「福祉用具選定士認定研修会」で、
3日間のA研修と、2日間のB研修の両方を受講します。

 

それぞれの研修受講後に行う筆記試験で合格すると、
認定されます。

 

福祉用具選定士は、福祉用具専門相談員として
2年以上の実務経験がある人が対象となっています。

 

 

福祉用具選定士のカリキュラム例

 

A研修:ベッド・車いす編

 

1日目 ベッドの利点・欠点、ベッドと起居動作、ベッドの安全対策など。

 

2日目 マットレス概論、ベッドの構造、車いすの基本・構造など。

 

3日目 車いすの付属パーツの活用方法・移乗への応用など。

 

 * 3日目に筆記試験

 

 

B研修:歩行器、床ずれ防止、リフト編

 

1日目 床ずれの発生要因・防止対策、歩行器の種類と使い方など。

 

2日目 移動リフトの種類や移乗方法など。

 

 * 2日目に筆記試験


ホーム RSS購読 サイトマップ