介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

福祉用具プランナー【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

福祉用具プランナー

福祉用具の分野は、福祉用具です。

 

問い合わせ先は、公益財団法人テクノエイド協会になります。

 

 

福祉用具プランナーの概要

 

福祉用具プランナーは、
公益財団法人テクノエイド協会が実施する研修を受けます。

 

公益財団法人テクノエイド協会が実施する研修は、
福祉用具の相談業務をしている人
(福祉用具専門相談員など、福祉用具関連で
2年以上働いている人が対象)が、
より高い知識と技術を得るために実施されているものです。

 

福祉用具の知識にだけでなく、
対人援助技術やプランニング等、
福祉用具の相談援助に役立つ幅広い知識を学ぶことができます。

 

福祉用具プランナー研修を修了すると、
介護職員初任者研修に相当する研修を修了したとみなされ、
5年以上の実務経験があると、
介護支援専門陰実務研修受講試験の受験資格を
得ることができる可能性があります。

 

 

福祉用具プランナーの活躍の場

 

福祉用具プランナーの活躍の場は、
福祉用具貸与事業所などがあります。

 

 

福祉用具プランナーの資格の取り方

 

通学・研修: 必要(7日間で52.5時間、その他48時間のeラーニング)

 

実務経験: 2年以上

 

認定経験: あり(研修修了後の修了試験に合格することが必要です)

 

 

福祉用具プランナーの資格をとるためには、
福祉用具専門相談員など福祉用具関連で2年以上働いている人を対象とした
公益財団法人テクノエイド協会が実施する研修を受講します。

 

この研修のうち48時間はeラーニングで、
2ヶ月間の間に、各自が自宅や職場のパソコンを使って学習します。

 

その後、会場に集まり、7日間で52.5時間の実技、演習、
修了試験を受け、全科目を受講し、修了試験に合格(50点満点で30点以上)
した場合、「福祉用具プランナー演習修了証書」が交付されます。

 

教育機関などで実務経験がない人に研修を実施する場合もあります。
その場合は、受講修了後に2年の実務経験を得てから、
福祉用具プランナー研修修了証書が交付されます。

 

 

福祉用具プランナー受講要件

 

福祉用具プランナーの研修は、
以下のうち、いずれかを満たす人が受けることができます。

 

・福祉用具専門相談員として2年以上その業務に従事している者。
・福祉用具関連業務に2年以上従事している介護支援専門員又は建築士。
・その他、福祉用具関連業務に2年以上従事し、特に研修受講の有効性を認められる者。

 

 

福祉用具プランナーのステップアップ

 

福祉用具プランナーのステップアップには、
介護支援専門員(ケアマネジャー)への道があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ