介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

介護支援専門員(ケアマネジャー)【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)の分野は「ケアマネジメント」です。

 

関連する法律は、介護保険法、問い合わせ先は、各都道府県です。

 

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の概要

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、
介護サービスのトータルコーディネーターとでもいうべき役割を果たす人です。

 

具体的な職務は、介護サービスを利用する人のために
介護計画(ケアプラン)を立てたり、
サービスの利用状況を定期的に確認(モニタリング)するなどします。
また、必要に応じて、サービスを変更したり、
調整したりします。

 

正式名称は「介護支援専門員」ですが、
一般的にケアマネジャーと呼ばれています。

 

このケアマネジャーとは、介護管理者という意味の英語です。

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、国が認定する国家資格ではありません。

 

ですが、介護保険法に登録方法などが定められている、
都道府県知事の登録を受ける公的な資格です。

 

ケアプランは、介護保険を受ける本人や家族が作成することも可能です。
しかし、介護保険制度でケアプランを作成し、
報酬を受け取ることができるのは、
資格を持っている介護支援専門員(ケアマネジャー)だけで、
一種の業務独占の資格と言うことができます。

 

そして、介護支援専門員(ケアマネジャー)は、
医療や福祉に関する一定の資格と実務経験があり、
初めて挑戦することができる比較的難しい資格です。

 

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の活躍の場

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の活躍の場は、
居宅介護支援事業所、特別養護老人ホーム等介護福祉施設、
介護老人保健施設等があります。

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格の取り方

 

通学・研修: 必要(合計7日間程度の研修受講)
実務経験: 必須(条件によって5年又は10年以上)
認定試験: 必須(都道府県が実施、年1回)

 

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格は、
介護福祉士であり、介護職員として5年以上の実務経験があるなど、
特定の条件を満たした人のみが受けることができます。

 

介護支援専門員実務研修受講試験は、
都道府県知事が実施しているものです。

 

この実務研修受講試験に合格した後、
所定の実務研修を受講します。

 

その後更に、都道府県知事に申請し、
登録を受けた人が、
介護支援専門員(ケアマネジャー)として認められ、
介護支援専門員(ケアマネジャー)を名乗り、
業務を行うことができるようになります。

 

 

介護支援専門員のステップアップ

 

介護支援専門員のステップアップは、
主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)があります。

 

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格

 

・実務経験5年以上、かつ従事した日数が900日以上で受験が認められる条件

 

(A) 以下の資格の所得者
 (この場合の実務経験は、資格に基づく業務であること)

 

 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、
 理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、機能訓練士、
 義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、
 はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、
 精神保健福祉士

 

(B) 指定された相談援助業務の従事者
 (該当する業務は細かく指定されています)

 

(C) 指定された介護などの業務に従事する者で、
  試験の前日までに以下の資格を満たしている者
 (該当する業務は細かく指定されています)

 

 ・社会福祉主事任用資格
 ・介護職員初任者研修課程若しくは実務者研修又はこれらに相当する研修  
 (社会福祉施設長資格認定講習会など)の修了者
 ・(A)の資格を取得
 ・(B)で指定された相談援助業務従事者として1年以上勤務

 

・実務経験10年以上、かつ従事した日数が1800日以上で受験が認められる条件

 

(D) 指定された介護等の業務に従事する者で(C)の条件に該当しない者

 

 

このように、介護福祉士、社会福祉士、看護師など、
福祉又は医療に関する国家資格またはそれに準ずる資格を持ち、
その業務に関して5年以上の実務経験があると、
受験資格を得ることができます。

 

特別養護老人ホームの生活相談員など、
指定された相談援助業務で、5年以上の実務経験がある人は、
受験資格を得ることができます。

 

老人デイサービスセンターの介護職員など、
指定された介護業務で5年以上の実務経験があり、
なおかつ社会福祉主事任用資格、介護職員初任者研修修了など
一定の資格があれば、受験資格を得ることができます。

 

また、資格がない場合であっても、
同じような介護業務で10年以上の実務経験があると、
受験資格を得ることができますが、
実務経験とみなされる業務は、
細かく指定されています。

 

介護支援専門員実務研修受講試験の試験科目は、
持っている資格によって、一部の科目の受験が免除されます。

 

試験に合格しても、介護支援専門員実務研修を修了し登録しないと、
ケアマネジャーとして働くことはできません。

 

実務研修の実施方法は都道府県によって異なります。

 

ですが、おおむね前期と後期にわけ、
合計7日間ほど行われます。

 

登録は、いったん行えば、
通常は介護支援専門員としての登録が抹消されることはありません。

 

ですが、介護支援専門員症の有効期間は5年間です。

 

更新、または再交付を受けるには、
それぞれ研修の受講が必要です。

 

つまり、ケアマネジャーとして働くためには、
一定期間ごとに研修を受けることが必要です。

 

 

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験科目と問題数

 

試験時間は120分です。

 

・介護支援分野

 

 介護保険制度の基礎知識
 要介護認定等の基礎知識
 居宅・施設サービス計画の基礎知識等

 

 問題数は、25問

 

・保険医療福祉サービス分野

 

 保険医療サービスの知識等 基礎 (問題数は、15問)

 

 保険医療サービスの知識等 総合 (問題数は、5問)

 

 福祉サービスの知識等 (問題数は、15問)


ホーム RSS購読 サイトマップ