介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

介護職員実務者研修【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

介護職員実務者研修

介護職員実務者研修の分野は、介護です。

 

関連する法律は、介護保険法、問い合わせ先は地方厚生局です。

 

 

介護職員実務者研修の概要

 

介護職員実務者研修は、
介護について、一般的な知識と技術、思考プロセスを身につけ、
一般的な介護業務を行うことができるようにするための研修です。

 

介護職員実務者研修の修了者は、
介護について一定レベルの知識と技術があるとみなされます。

 

介護職員実務者研修は、2013年から新設された研修制度です。

 

今までの訪問介護員1級(ホームヘルパー1級)や、
介護職員基礎研修に該当し、
介護職員初任者研修、旧制度の介護職員基礎研修等の受講者は、
受講した研修に応じ、実務者研修の一部が免除されます。

 

介護職員実務者研修は、研修を受けるだけで資格はありません。

 

ですが、介護職員実務者研修はを受けた人は、
一般的な介護に関する知識と技術を身につけたとみなされます。

 

厚生労働大臣が定めた基準に基づき、
指定した実務者養成施設が実施するので、
ある程度公的に認められた資格だということができます。

 

3年の実務経験に加え、この介護職員実務者研修を修了すると、
介護福祉士国家試験受験資格を得ることができます。

 

介護福祉士を目指すのであれば、早めに受講しておくと良いでしょう。

 

 

介護職員実務者研修修了者の活躍の場

 

介護職員実務者研修修了者の活躍の場としては、
訪問介護事業所(ホームヘルパー)、
特別養護老人ホームなどの介護施設等があります。

 

 

介護職員実務者研修の修了証書のもらい方

 

通学・研修: 必須(夜間・通信制による履修が可能です)
実務経験: 不要(誰でも受講することができます)
認定試験: ありません

 

 

厚生労働大臣が定めた基準に基づいて、
指定した実務者養成施設が実施する6ヶ月以上(450時間)の研修を受講し、
修了する必要があります。

 

土日開講や夜間制、一部通信制の講座があるので、
働きながらでも受講することは可能ですが、
演習など一部の科目での通学が必須です。

 

介護職員初任者研修、訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1〜3級)、
介護職員基礎研修、その他の全国研修(認知症介護実践者研修、
喀痰吸引研修など)の受講者は、受講した研修に応じ、
実務者研修の一部を免除されます。

 

今までに研修を受けている場合は活用してください。

 

 

介護職員実務者研修のステップアップ

 

介護職員実務者研修のステップアップは、
サービス提供責任者、介護福祉士(3年以上の実務経験+国家試験合格)、
介護支援専門員(ケアマネジャー・実務経験5年以上+実務研修受講試験合格、受講)などがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ