介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

福祉の資格の取りやすさ【介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介】

福祉の資格の取りやすさ

福祉の仕事の資格は、難しい資格ほど評価される傾向があります。

 

ですが、実際に取得するためには、あまりハードルが高いと大変です。

 

難しい資格では、ハードルはひとつだけでなく、
いくつも組み合わされていたりします。

 

また、ある資格を取ってからでないと
次の資格に進めないなど、ステップアップが必要な資格もあります。

 

同じ資格であっても、そこに至るルートは、通常は複数あります。

 

自分にとってとりやすいルートはどれか、
資格にふさわしい知識や技術を身につけやすいのはどれかを
よく考えて選ぶことが大切です。

 

通学

 

資格を取得する際に、何年も学校に通わないと取れないものは、
取るのが難しくなります。

 

特に大学や大学院卒業が必要なもの、
通信制や夜間制がなく、日中の通学が必要な資格は、
社会人には難しいといえます。

 

研修

 

研修日数や時間数はさまざまです。

 

ですが、比較的とりやすいでしょう。

 

最終日の修了試験があるものでも、通常はまじめに出席していれば、
取得することができます。

 

主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)のように、
1日欠席しても資格が取れないことがあるので、
注意しましょう。

 

仕事をしながら、休みの日に研修を受けるなどが必要ですし、
日々の勉強もしなければなりません。

 

健康管理にも十分気をつけながら研修を受けることが必要です。

 

実務経験

 

実際に何年も仕事をしている人には取りやすいですが、
今から仕事を始めようとする人には難しいです。

 

認定試験

 

認定試験は、試験によって難易度に大きな差があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ