介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

介護と福祉の資格「介護と福祉の資格取得のご紹介・通信講座を比較しよう」

介護と福祉の資格・どちらの資格取得がいいのかな?

育児も落ちついたし空いた時間をうまく利用して資格を取得しようと考えています。
主人や親に何の資格が良いか相談したところ、介護や福祉関係が絶対にオススメなんて言われたんですけど
何しろ全く経験や知識がないのでどちらの資格を取得すれば良いのかな?って感じです・・・

 

前はヘルパー2級の資格をもっていて実務経験さえ積めば介護福祉士になる為の国家試験を受けれるって
聞いた事があったんですが、制度が変わってもしかしたらややこしくなっているのかも知れません。
介護も福祉も同じようなものだと思っていたので色々と調べてみようかと思ってます。

 

身近に老人施設で働いている友人がいれば1番早いんですが、あいにく誰もいないのが痛手・・・
ネットでも調べたり出来るんですが、結構、何の知識もない私にとっては分かりにくいんですよね。
介護か福祉の資格か調べるのって何処に問い合わせすれば良いんでしょうね?

 

資格を取得したいとは思うものの、どちらが良いかで悩むなんて自分でも笑ってしまう。
取りあえずは、親が言うように介護職員初任者研修の資格をとっておいて働けるようになったら
ステップアップに繋げる道を選択するのが無難かも知れないしな。

 

私みたいなヤル気だけはあるのにどちらの資格がいいのか悩んでいる人ってどうしてるんだろう?
ハローワークでも行ったら詳しい事を教えてもらえるのかしら?
考えるとキリがないし先が見えなくなってしまうので親の言う通りにしときます!!

 

福祉の仕事にはどのような資格があるのでしょうか。

 

仕事によっては、資格が必ず必要になるものがありますし、
必ず必要な資格ではないけれど、持っていると就職や転職に有利になるものもあります。
また、レベルアップや他の分野にもつながる資格もあります。
福祉の資格について色々知り、キャリアパスを考える参考にしてみましょう。

 

専門分野

福祉の仕事は、支援方法や対象者、活動の場、活用分野などによって、さまざまな分野に分かれています。
いくつかの分野を経験していくと共に、自分の専門分野を絞って資格を取り、キャリアを磨いていくことも大切です。

 

資格の分類

資格には、国家資格、民間資格があります。

 

・国家資格

 

国家資格なら、必ず価値があるというわけではありません。
しかし、国家資格であれば、法律で規定されている、つまり国家が一定の基準に基づいて
その人の能力を認めているというものなので、権威は高いということができます。

 

・民間資格

 

民間資格は、簡単に取ることができるもの、やや難しいもの、とても難しいものなどさまざまで、
とても難しい資格であれば当然評価も高くなります。
民間資格は、民間の団体が独自に制定しています。

 

・公的な資格

 

以前は、省庁から認定を受けた「公的資格」というものがありました。
しかし、現在はこの制度は無くなっています。

 

ですが、福祉の四角の中には、国家資格とはいいませんが、
法律や名称、業務、認定方法等が定められた重要な資格がたくさんあります。

 

そこで、そのような資格を、民間資格と区別するために、「公的な資格」と呼んでいます。

 

資格と業務

 

資格によっては、資格保有者以外は「それをしてはいけない」、
「そう名乗ってはいけない」などと
法律で定められているものがあります。
厳密には、どのような違いがあるのかを許可しておくことが必要です。

 

・許可

 

資格を持つ人のみに、その業務を行うことが「許可」されています。

 

資格がない人は、たとえ友人や家族のためでも業務を行うことができません。

 

たとえば、薬剤師でなければ、家族のためであっても人に与えるために調剤することはできません。
医師、歯科医師、獣医師は条件によっては可能です。

 

・独占業務

 

特定の業務については、資格がない人が「業として」行うことができません。
「業として」とは、事業という意味です。
ですから、資格がない人は事業として行うことはできません。

 

営利目的としてはもちろん、料金を取らないボランティア活動のようなものでも、
多数の人に継続的に行えば「業として」行っているとみなされますから不可となります。
ですが、家族のためなどに、個人的に行うことはできます。
たとえば、介護支援専門員(エアマネジャー)でなければ、業としてケアプランを作成することはできません。
しかし、資格がなくても、家族のためにケアプランを立てることはできます。

 

・名称独占

 

有資格者でなければ、その名称を名乗ることはできません。
これを「名称独占」といいます。

 

たとえば、社会福祉士でなければ社会福祉士と名乗ることはできません。
ですが、相談員やソーシャルワーカーといった肩書きを名乗ることは可能です。
このようなルールを「名称独占」といいます。

 

・任用資格

 

任用資格は、特定の職業や職位に任用されるために必要な資格です。
資格を持っているだけで、その職業を名乗ったりすることはできません。
たとえば、社会福祉主事任用資格がなければ、社会福祉主事になることはできません。
このような資格を「任用資格」といいます。

 

・必要資格

 

必要資格とは、特定の業務を行う際に、特定の資格を持つ人を配置する必要があるというものです。

 

たとえば、介護保険の指定居宅サービスとして、福祉用具貸与事業を行う際には、
各事業所に福祉用具専門相談員を2名以上配置しておくことが必要です。

 

 

介護と福祉の資格一覧でどちらかいいかを検討しています

育児も落ちつきはじめた今日この頃、少しだけ自分の時間も取れるようになったので
将来に役立てる為に何か就職活動に有利な資格でも取得しようかと考えています。

 

世の中、お年寄りの増加で2040年には3人に1人が高齢者になると聞いたので
介護か福祉系が1番良いとは思うんですが資格一覧表を調べてみると色々ありすぎてとまどってしまいます。

 

どちらが良いのか検討中なんですが、果たして中卒の私でも簡単に取る事は出来るんだろうか?
数年前にヘルパー2級は学歴に関係なく誰でも取れると聞いた事はあるんですが
最近になって制度の変更もあり介護職員初任者研修なんていう難しそうな名称に変わってるし
もしかしたら高卒でないと受講資格がないのではと少し不安がよぎってしまいます。

 

資格一覧表でどちらが良いのか検討中とはいえ詳しい情報が得られないんですよね・・・
もっと、メリット・デメリットが分かりやすく記載されていれば助かるのにな。

 

福祉系の仕事に就いている知り合いがいるんですが彼女は大学を出て専門的な事を学んでいるし
中卒の私とは学歴の差があり過ぎて聞くのも恥ずかしいんですよね。

 

働きながら実務経験を積めばステップアップした資格を取れると聞いた事があるものの
幼い子供がいる私にとっては仕事に出るのは現段階で難しいし・・・
通信講座で空いてる時間に勉強できると1番便利なんだけどな。
やる気だけは誰よりもあるので、この先どんな道を進むか真剣に検討していこうと思います。

 

 

介護と福祉の資格を通信講座で取れたらいいな!

私の主人は1人っこなので数年先には同居をしなければいけないんですけど、今の段階で87歳になる義祖母が
酷くはないんですが認知性を患っており姑が面倒をみています。
そんな様子をみていると私も介護や福祉系の資格を取得して、認知性の事や日常の介助などを学び
将来に備えておいた方が良いのかもと最近よく考えるようになりました。

 

でも今はまだ幼い子供を2人も抱えている育児奮闘中の身なので学校とかに通う時間も取れないし
介護と福祉の両方を通信講座で取れたらいいなとか思っているんですけど果たしてそんな便利なものは
存在してるんでしょうかね?

 

今更この歳になって専門学校に通うわけにも行かないし、ましてや働きながら資格を取得できる状態でもないので
空いた少しの時間を利用できる通信講座で頑張るぐらいしか時間の余裕がもてない状況なんですよね。

 

高齢者が増加しているのに働き手の人材不足がささやかれているみたいだし、今のうちに勉強して資格を取れれば
先々で就職する時に有利だと親も主人も言ってたけど仕事の内容を考えると私でも出来るのかしら?なんて
疑問に感じてしまうとこも実際あったりするんですが、数年先にもし姑が認知性にかかってしまったら
世話をするのは私の役目だし知識を学んでおいた方が良いはず。

 

通信講座についてもっと詳しい事を調べてみる必要があるので資料請求してみるつもりです。
介護と福祉の良い点・悪い点もしっかりチェックして進むべき道を決めようと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ